学習塾についてならこのサイト!

 
学習塾ガイド

学習塾Q&A

Q6 塾の求人広告は、どこにあるの?
大学の学生課の掲示板(アルバイト求人票)やアルバイト雑誌には、塾の求人広告がたくさんあります。しかしこの2種類の求人広告は、内容的には無難なことしか書いてないため、塾の良し悪しの判断材料にはなりにくいものでしょう。

それよりも、新聞折込の求人チラシが要チェックです。この手の求人チラシには、まともな企業から風俗店にいたるまで、多彩な求人広告が並んでいますが、表現の自由度が高いため、個性的な広告になっています。どのような方針で、どのような人材を募集しているかが良く分かるでしょう。
 

Q7 ○○○塾が危ないと聞きましたが、本当でしょうか?
「今度は、***塾が危ないらしい」という噂は、あちこちで耳にします。しかしこの手の情報は、ほとんどの場合ネタ元が分からず、信頼性がどこまであるのか判断できません。

もしも、ガセの情報を掲載してしまったらその塾に大変申し訳ないことになるので、このホームページではお答えできません。

 

Q8 良心的な塾はどうやったら見つけたらいいのですか?
良心的な塾は、あまりチラシを打っていないことが多いので、チラシから探し出すためには、1年分くらいのチラシを収集する必要があります。

時間はかかりますが、これが一番確実です。手っ取り早く見つける方法としては、電話帳で探すという作戦がありますが、自宅でやっている個人塾の大半は個人名義の電話(住宅用)なので、タウンページ(職業別電話帳)の塾の欄にはすべての塾が掲載されているわけではありません。

口コミはとても参考になるのですが、生徒の学年や学力や性格、親の性格などにより、同じ塾でも口コミの中身は大違いだったりすることが良くありますので、複数の方から話を聞いた方がいいです。

 

Q9 「大手の塾はみな儲け主義なので、小さな貢献主義の塾を探せ」と言うことでしょうか?
そうではありません。

大手の塾に儲け主義が多いことは確かですが、中には「近くに教室があり、開設しているクラスが学力的に合うのならば、自分の子供を通わせてもいい」と感じられるような塾も存在します。

また、小さな塾の中には貢献主義の塾が多いですが、中には「あんないい加減な塾には、たとえ近所で学力が合っているとしても、自分の子供を通わせたくない」という塾もあります。大切なのは、塾を選ぶあなたの目です。注意深く観察しないと、その塾が儲け主義か貢献主義かは、なかなか分かりません。

 

Q10 塾はみな、儲け主義か貢献主義に分かれているのでしょうか?
完全(10:0)に儲け主義の塾から、完全に貢献主義(0:10)の塾まで、塾によってその経営方針はさまざまです。

10:0や0:10でなく、7:3や3:7など、その中間のバランスで経営している塾の方が多いです。このホームページでは、7:3なら儲け主義、3:7なら貢献主義に入るという考え方で話を展開しております。しかし5:5の塾の場合は、どちらにも分類できない両立主義ということになります。

ただし、塾の経営者が自塾の経営に関する最終決断を下すという局面においては、5:5のバランスで考えることはまれであり、ほとんどの場合は最終的にはどちらかを優先せざるを得ません。その意味で、真に5:5のバランスで経営されている塾は、この世にはほとんど存在しないでしょう。


ページのトップへ




 
Copyright (C) 2008 学習塾ガイド. All Rights Reserved.